はじめに

 チケットのキャンセルと変更は、どの航空会社や旅行会社のどういったものを購入されたのかということによって変わってくるものになっています。

 チケットを購入される際には、キャンセルや変更が可能なのかどうかといったことやキャンセルや変更にかかる料金、キャンセルや変更が可能な時期についてもよく確認をされておかれることをおすすめ致します。

キャンセル方法

  海外航空チケットのキャンセルをされる場合、入金・発券前の段階であれば、比較的簡単にキャンセルをしていただくことができるかと思います。その場合も航空会社や旅行会社の規定・もしくは航空チケットの種類によっては手数料やキャンセル料が場合によってはかかってきてしまうことも考えられます。

 また、変更につきましても入金・航空チケットの発券前の段階であれば、比較的簡単に変更を受けつけてもらうことができるはずです。

  ただ、格安チケットや正規割引チケットなどを購入された場合、出発まで1か月近くある場合でも入金・発券済みの場合には、キャンセル料がかかってくることが多くなっていますので、お気を付けいただきたいと思います。

変更方法

  また、搭乗者名の変更をされる場合には、一度変更される搭乗者の航空チケットをキャンセルされてから、再度取り直すことになりますので、場合によってはキャンセルされた搭乗便のチケットが取れないことも考えられます。基本的には搭乗者は記名されているご本人のみになっていますので、発券された航空チケットの搭乗者名変更はできないとお考えいただくとよいと思います。

  航空チケットの変更の場合、復路便の変更などのように経路の変更が可能な航空チケットであれば、無料で変更をしてもらうことができる場合もありますし、チケットによっては有料で変更が可能になっているものも用意されていますので、この点についても購入された航空チケットの種類や航空会社、もしくは旅行会社に確認をしていただくことになります。