航空チケットの予約クラスとは?

 航空チケットを購入される際には座席クラスであるエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの中から予算や目的、お好みに合わせてクラスをお選びいただくことができるようになっていますよね。座席クラスによって機内でのサービスや座席の広さなどは変わってくるものになっています。

  航空チケットには上記のような座席クラスのほかにも予約クラスというものが存在しています。

 予約クラスはその航空チケットがどういったステータスのクラスで予約をされたのかということを意味しています。普通運賃の航空チケットや正規割引、格安やパックツアーなどはそれぞれ違った予約クラスの航空チケットになっています。

 この予約クラスによってマイレージなどの加算率は変わってくるものになっていますし、事前に席を指定することができるのかどうかといったことも変わってくるものになっています。

  つまり、同じエコノミークラスであってもどのようなタイプの航空チケットを購入されたのかということによって予約クラスが変わってくるものになっていることになります。

 同じ便の飛行機の航空チケットでも旅行会社や航空会社によって持っている座席数は違いますし、予約をされる価格等によっても用意されている座席数は変わってくるものになっています。

 同じ便の飛行機でも予約が取れる場合と取れない場合がある背景には航空チケットの予約クラスの違いがあるとも考えられます。

 マイレージを貯めていらっしゃる方の場合、この予約クラスによってマイレージの加算率が異なりますので、予約クラスをご覧になって、インターネット上の航空会社のホームページなどでマイレージの加算率や加算が可能かどうかといったことをお調べいただくこともできるようになっています。