航空チケットの片道放棄は可能?

 格安や正規割引として販売されている航空チケットの多くは往復になっています。例えば、長期留学や海外赴任などに行かれる場合に、片道航空チケットを探されることもあるでしょう。

 その際に往復よりも片道の方が割高なことに驚かれることもあると思いますし、中には往復航空チケットを購入されて、片道分を放棄した方がお得なのでは?とお考えになられる方もいらっしゃると思います。

  では、航空チケットの片道放棄は可能なのでしょうか?格安や正規割引に限らず、片道航空チケット以外の航空チケットの片道分を放棄することは基本的にはできません。

 ただ、寝坊をしてしまったり、具合が悪くなってしまったりされて、搭乗予定だった航空機に乗り遅れてしまうことはあるでしょう。しかし、こういった場合でも航空会社によっては、復路便を利用しなかったことに対するペナルティをかけられてしまうことも考えられますので、お気を付けいただきたいと思います。

 ペナルティは航空会社にもよりますが、普通運賃との差額を後日航空会社から請求されてしまうこともあるようです。ペナルティがかからない場合でも航空会社からはあまりよい印象を持たれないことは確かです。

  また、いくつかの目的地を周る周遊航空チケットや、ストップオーバーなどを利用される場合など、3つ以上の箇所を周る航空チケットを利用される場合、どこか1区間を放棄されてしまいますと、その後の区間に搭乗することができなくなってしまいますので、その点もお気を付けいただきたいと思います。

  片道分の航空チケットが必要な場合は多少割高にはなってしまいますが、片道航空チケットを利用されるか、期限が決まっていて、復路便の出発日程だけが未定の場合には、少なくとも復路便がOPENになっている航空チケットを購入されることをおすすめしたいと思います。