リコンファームとは?

 「リコンファーム」とは、飛行機の予約の再確認のことを言います。基本的には帰りの飛行機に乗る72時間前までに搭乗する航空会社に連絡を入れることを意味しています。

  最近では、リコンファームをしなければならない航空会社の数は少なくなってきていますし、個人手配の航空チケットであってもリコンファームの必要がない航空チケットも多くなってきていますので、それほど神経質になる必要もないかもしれません。

 ただ、中国系の航空会社のように航空会社によっては、必ずリコンファームが必要な場合もありますので、航空チケットを購入される際にリコンファームの必要の有無についても念のため確認しておかれることをおすすめしたいと思います。

 リコンファームが必要な場合には、搭乗する予定の復路便が出発する72時間前までに搭乗予定の航空会社のオフィスに予約確認の連絡を入れることになります。このとき、電話でリコンファームをされるのでれば、搭乗予定の航空会社のオフィスに電話を入れ、搭乗予定のフライトの便名や搭乗者の名前、出発地及び帰着地の地名などを伝えてリコンファームをすることになります。

 ホテルなどに滞在されている場合には、ホテルのフロントの方に航空チケットを見せてリコンファームをお願いすれば、リコンファームをしてもらうこともできると思います。一番簡単な方法は、現地の空港に着いた時点で、航空会社のカウンターでリコンファームをお願いすることになるかと思います。その場で手続きをしてもらえば、旅行中リコンファームの心配をする必要はなくなりますので、おすすめです。

  最近主流になってきているe-チケットの場合は、リコンファームはほとんど不要になっているようです。