自然災害編〜もし飛行機が飛ばなかったら

 往復航空チケットの片道放棄をすることは基本的に許されません。しかし、遅刻や急病などでどうしても飛行機に乗れなくなってしまうこともあるでしょうし、台風や嵐、雪、地震などといった自然災害が原因で飛行機が欠航してしまうこともあるでしょう。こうした自然災害が原因の場合は、基本的には航空会社は免責扱いとなります。

  ただし、自然災害が要因で飛行機が欠航になった場合、旅行会社のパックツアーを利用されていれば、旅行会社の規定に従い、出発前であれば、キャンセル料なしで料金を払い戻してもらうことができる場合もあります。出発後であれば、代替便などなんらかの補償や交渉をしてもらうことができる場合もあります。

 また、旅行会社を通じて航空チケットを購入された場合も場合によっては旅行会社の方に間に入っていただくことができるとも考えられます。自然災害が要因で飛行機が欠航になった場合、旅行会社を通じて購入され、交渉をお願いしたい場合には航空会社の公式発表(欠航という決定)が出てから、旅行会社に基本的にご自分から連絡をしていただく必要があります。

  航空会社で直接航空チケットを購入されている場合や、旅行会社の方が間に入って交渉をしてくれなかったとしても航空会社のカウンターでご自分を交渉されることで、自然災害が要因であれば、場合によって次以降の便へ振替搭乗をさせてもらうことができることもあります。

 航空チケットは格安航空チケットでなければたいてい払い戻しや代替便に搭乗していただくことができると考えられます。格安航空チケットの場合も旅行会社の規定等によってはきちんと対応をしてもらうことができる場合もありますので、しっかりと交渉をしてみていただきたいと思います。