航空チケットの予約と発券

 航空チケットの予約・発券は、航空会社でも旅行会社を通してでもしていただくことができるようになっています。また、インターネット上から予約を入れていただくことも、航空会社や旅行会社に電話を入れて予約をしていただくこともできますし、直接カウンターや店舗に足を運んでいただくこともできます。

  予約をされる際には、少なくとも正確な搭乗者名(ハネムーンなどで旅行に行かれる場合には、パスポートが旧姓なのか新姓なのかといった点にお気を付けください)と連絡先電話番号がはっきりしている必要があります

 種類によっては経路変更が可能な場合もありますが、たいていの場合、往路便・復路便ともに出発地・帰着地がどこになるのかといったことも必要になります。また、航空会社によっては、生年月日やパスポートナンバーの提示を求められる場合もあります。

  海外航空チケットで、格安や正規割引の予約をされる際には、予約後期限内での入金及び、発券が条件になっていることも多くなっています。発券は、紙のチケットの発券だけではなく、チケットレス、e-チケットになっている場合でも入金をし、発券となった状態で手元にチケットがなくても発券済みとなります。

  海外航空チケットの場合、発券は大きな意味を持つことが多々あります。入金前の予約だけの段階でしたら、チケットは仮押さえされている状態ですので、よほど出発ぎりぎりの場合や割引航空チケットなどの早期割引期限ぎりぎりではない限り、キャンセルや変更等も可能になっていることが多くなっていますが、入金・発券後の場合、変更可能な航空チケットではない限り経路や日程などの変更はすることは難しくなります。

 また、燃油サーチャージなどがかかる場合、燃油サーチャージは発券時の価格が適用になりますので、出発日当日に燃油サーチャージの価格とは関係なく、過不足の徴収・返金等も基本的にありません。